ホーム > 知識 > 本文

製品カテゴリー

お問い合わせ
青山エレベーター(株)
追加:愛知県名古屋南西部、オスカノン17号
TEL:+81 52 4564462
Email: info@aoyama-elevator.jp
どのように高速エレベーターの快適さを確保するために、ノイズを減らす?
Jun 21, 2017

快適さと経験の操作のエレベーターは非常に重要です。 最初は、安全コンポーネントの使用の信頼性を確保するために、鋼の安全部分、強度などの構造設計の合理性です。 エレベーターの安定性を確保するために設計された車の重量、使用条件の下でガントリーLiangman足の引張り強さは、ある程度の弾力性を持たなければなりません。 言い換えれば、ガイドウェイブラケットと車のガントリーガーダーとの間には、スチールと弾性がなければなりません。 その目的は、設置中のガイドウェーの真直度によって引き起こされる接触面の誤差を低減し、ガイドシュー、ゴム製のダンピングパッド、ストレートビームなどのいくつかの合理的な構造的手段によるエレベータの快適性および騒音を保証することである、ガイドウェイブラケットおよび制御システム。

牽引機械によって生成される騒音は、適合する動力の大きさに関係する。 電流、軸受、牽引ホイールのロープ溝のジオメトリは、動きの対象物が摩擦を持つため、摩擦が商用電源を減少させるため、ノイズ源の原因であるノイズ源です。 しかし、ワイヤロープとトラクションホイールのロープ溝との間の摩擦は、長所と短所の両方の原因である。 以下の比較は、1:1トラクションプーリロープ溝と2:1巻き戻しプーリロープ溝との間でなされる。

1:1ロープ溝はV溝を採用し、V溝のワイヤロープが増加し、ワイヤロープの変形が増加する。 ワイヤーロープジッパーはジッパーを持っていますが、ジッパーはワイヤーロープを通って車に入りますが、ゴムブロックが音の問題を解決するだけで解決できる場合でも、ジッターの問題を解決することはできません。 この問題を解決するという考えは、牽引車輪、R-アークおよびガイド輪ロープ溝のロープ溝の形状を変更して、2つのラウンド間の摩擦力を増加させて車と重量を改善することですが、スロットと溝の間隔はあまり大きくない、R溝の表面粗さ0.8、牽引車輪とガイド輪転位溝、スチールロープ溝の内側と外側のために、これは、溝の滑らかさが必要非常に高い、ワイヤーロープの出入りをスムーズにするために、ジッターのない輪郭ロープが、引張りホイールとガイドホイール間の張力は重力から10倍、角と摩擦の2ラウンドR-Ropeの幾何学的形状はワイヤーロープの変形に対して非常に小さい影響を与え、良好な保護効果を有し、ノイズおよびジッタの問題が大幅に改善される。

ワームトラクター時代を使用しているエレベーターでは、カーノイズは永久磁石同期トラクションマシンに数回かかっています。これは加工精度誤差、組み立て誤差のために発生し、ウォームギアとウォームの結果として、ワイヤーロープを車に通す。 車の壁は薄い鋼板で作られているので、ノイズの伝導と増幅が容易です。 さらに、今では車の壁に接着剤ペーストで装飾、新しい装飾材料と鋼板間の接着剤は接着剤層とノイズ層を減らすことができます。 車の装飾もまた、車の底にあるいくつかの企業は、上部と下部の車の車の底の重量の増加に大理石を貼ったいくつかの企業を増加させ、

工場内の各エレベーター製品は、工場では同じですが、異なるインストールチームのインストールによって異なる点があります。 レールの整列は、エレベータが走行しているときの車のスイングと密接に関連している。 エレベータガイドレールには、走行中のブーツライニングとの3つの接触面があり、カールーフには2つのブーツがあり、カー底には2つのガイドブーツがあり、接触面が湾曲ガイドレールを通過すると、ハード弾性変形を排除するために、車は曲線とスイングのガイドとなります。 車の重量、スイングの歪みが減少する場合、これはダイナミックビューの操作におけるオブジェクトです。

高速のエレベータかごの運転における空気圧抵抗及び車体の摩擦のために、それはかごの騒音の主な原因でもある。 著者の研究デザインは、車の屋根を含む車の外観、車の底はテーパ構造に設計され、非常に滑らかな流線形の外部設計、空気抵抗を減らすためにステップで車を使用しないでください。 加えて、風圧抵抗の高速動作でエレベーターを減らすために屋根に穴の特定の領域がなければならない、この設計はノイズを減らすために、はしごの快適さを持ち上げる明らかな効果があります。

クイックナビゲーション
  • 私たちに関しては
  • 製品
  • ニュース
  • 知識
  • お問い合わせ
  • フィードバック
  • ニュースレター
    お取引とクーポンを受け取るにはあなたのメールアドレスを入力してください。
    +81524564462
    +81524564462
    sales@aoyama-elevator.jp