ホーム > 知識 > 本文

製品カテゴリー

お問い合わせ
青山エレベーター(株)
追加:愛知県名古屋南西部、オスカノン17号
TEL:+81 52 4564462
Email: info@aoyama-elevator.jp
乗客エレベーターの適切な使用
Jun 21, 2017

今ではエレベーターはすでにどこでも私たちの生活に密接に関連しています。ショッピングモールにはエスカレーターがあり、スーパーマーケットには自動歩道があり、オフィスとコミュニティにエレベーターがあり、観光エレベーターがあります。 同時にエレベーターの正しい使用と文明化された使用のための照明のエレベーター。

1、エレベーターの使用を確認する最初の、メンテナンスエレベーターを取ることができません。 ボタンはしご、上階へ "▲"ボタンを押し、階下の ""ボタンを押します。
2.駅に着いたら、走行方向指示器を見て、行きたい方向であるかどうかを判断する必要があります。 そうであれば、乗客は足の高さを確認してセダンに入ることができます。
3.ドアをタッチするためにドアを開閉するのではなく、自動的に閉じたエレベータードアを邪魔しないように、待合室に肌やその他の破片を残さないで、ドアパネルに頼って体を使用しないでください。 閉じたエレベータドアを塞ぐために、身体やその他の物を使用しないでください。
4.エレベーターのドアはすばやく、ここで他人と話をしたり、滞在したりしないでください。持ち運び用の衣服に注意を払って、ドアや床のこすりを避けてください。
5.車と床の高さの差が600 mmを超える場合は、車に入らないでください。 車の中と外に、子供やペット、老人、子供、エレベーターで移動不便の人を締め付けたり、拾う必要があります。
6.未使用の可燃性、爆発性または腐食性の物品を公共のエレベータに運ばないでください。
7.エレベーターのビープ音を聞いて、乗客に戻って、次の旅行を忍耐強く待って、終了するイニシアチブを取る必要があります。
8.可能な限りステアリングホイールに近い梯子で夕方に一人の女性は、必要なときにすぐに逃げるためにドアのボタンを押して警報を警告する。 見知らぬ人がエレベーターに入ると、そのマナーに注意してください。
好奇心を持って火のボタンを押さないでください。 予期しない動作は、エレベータの通常の動作に影響するだけでなく、ビル全体の火災システムを開始させ、不必要な損失を引き起こす可能性があります。

クイックナビゲーション
  • 私たちに関しては
  • 製品
  • ニュース
  • 知識
  • お問い合わせ
  • フィードバック
  • ニュースレター
    お取引とクーポンを受け取るにはあなたのメールアドレスを入力してください。
    +81524564462
    +81524564462
    sales@aoyama-elevator.jp